山上 庄子

『動画はとても便利なツールだと思います。事務局を運営しながら、いつも教室に来られる生徒さんの作品を見て、動画の可能性を感じています。』

山上 庄子(シネマテーク動画教室事務局)Yamagami Shoko

1983年生まれ。神奈川県出身。

中学生の頃から農業に興味を持ち、有機農業と、それに従事する人間に魅かれ、山形県の高畠へ通い始める。
東京農業大学に在学中、西表島に住み込みで働きながら、マングローブの勉強を始める。
卒業後、沖縄に事務局をもつ、国際マングローブ生態系協会(特定非営利活動法人)へ就職。学生時代からミャンマー、タイ、インド、スリランカ、フィジー、キリバス、モルディブ、沖縄本島、宮古島、石垣島、西表島などで、マングローブのフィールドを経験する。特に西表島での生活や、モルディブでの長期滞在から、とても大きな影響を受ける。
また、国際協力機構(JICA)が実施するマングローブや環境教育に関する、外国人研修員向けの集団研修のコーディネーターを5年間務める。
フィールドでは常にカメラを持ち歩き、写真、時には動画での記録は欠かせないツールだった。

2011年5月より東京へ戻り、シネマテーク動画教室の立ち上げに参加する。
現在、シネマテーク動画教室事務局

戻る

PageTop