河野 雅昭

「音声ガイドとは、今何がスクリーンに映っているかを
目の不自由な人たちに伝えること――だけじゃないんです。
とにかく自分で作っていて楽しい。ぜひ痒いところに
手の届くガイド制作にチャレンジしてみてください。」

河野雅昭(ディスクライバー)Kono Masaaki

大学で演劇を専攻、在学中よりシナリオライターに師事。
映画助監督、製作担当、TVプロデューサーを経て映像翻訳者に。

2001年  バリアフリー映画鑑賞推進団体「シティ・ライツ」に入会。
2002年  調布映画祭上映作品『風と共に去りぬ』で音声ガイドを共同制作。

以後、『上を向いて歩こう』『星に願いを。』『山の郵便配達』
『おにいちゃんのハナビ』などでディスクライバーを担当。
『男はつらいよ』シリーズ、『母べえ』『ロビン・フッド』他で
音声ガイドの監修にあたるなど、関わった作品は100本近い。
各種音声ガイド講習会で講師を務める。


≫同じく「バリアフリー講座担当」の川野 浩二(NPO法人 メディア・アクセス・サポートセンター(MASC)事務局長)のプロフィール

戻る

PageTop