ジャン・ユンカーマン

「急速に動いている世界のなかで動画でなにを表現できるかを、共に考えたいと思います。」

ジャン・ユンカーマン(映画監督)John Junkerman

<作品歴>

2005年 映画 日本国憲法(シグロ)
2003年 ノーム・チョムスキー イラク後の世界を語る(シグロ)
2002年 チョムスキー9.11(シグロ)
1993~ 1999年 The Mississippi; River of Song(スミソニアン研究所、カジマ・ビジョンと共同制作) ・同作品日本語版『歌うアメリカ』制作
1996年 I’ll Be Coming Around
1993年 Dream Window(『夢窓~庭との語らい』 英語版) ・米国エミー賞 他
1992年 夢窓~庭との語らい(米国スミソニアン研究所制作)
1991年 日本の伝統的産業工芸品全集(ダイヤモンド社刊) ・同作品英語版監督
1990年 老人と海(シグロ) ・同作品英語版『Uminchu』制作監督
1988年 劫火-ヒロシマからの旅-(シグロ)(『HELLFIRE』日本語版) ・1988年度アカデミー賞ノミネート ・サンフランシスコ国際映画祭グランプリ ・アメリカ教育映画祭金賞 ・日本社会映画コンクール金賞 ・マージョリーベントン平和映画賞
1986年 HELLFIRE~A Journey from Hiroshima(自主制作) ・1987年度アカデミー賞ドキュメンタリー部門ノミネート ・サンフランシスコ映画祭金賞その他受賞

<英語字幕翻訳・原作執筆 など>

【英語字幕翻訳】 ・よみがえれカレーズ(土本典昭+熊谷博子・シグロ) ・橋のない川(ガレリア・西友) ・死の陰 ・ふれあうまち(熊谷博子監督・シグロ) ・絵の中のぼくの村(東陽一監督・シグロ)
【原作執筆】 ・Mr. ベースボール(ユニパーサル映画)
【フィールド調査および撮影コーディネイト】
・死の医学(NHK教育テレビ番組)  ・癒し

1952年、米国ミルウォーキー生まれ。

画家の丸木位里・俊夫妻を取材した『劫火-ヒロシマからの旅-』(1988年)は米国アカデミー賞記録映画部門ノミネート。9.11のテロ後にノーム・チョムスキーにインタヴューした『チョムスキー9.11』(2002年)は世界十数カ国語に翻訳され、各国で劇場公開された。『映画 日本国憲法』(2005年)では、キネマ旬報・文化映画ベストワン、日本映画ペンクラブ・文化映画ベストワン他受賞。他に、与那国のカジキ捕りの老漁師を描いた『老人と海』(1990年)、エミー賞受賞作「夢窓~庭との語らい」(1992年)など。

現在も日米両国を拠点に活動を続ける。

戻る

PageTop