ロジャー・パルバース

「動画とは、人の心を動かす映像という意味があると思いたい」 A moving picture is a picture that moves people’s hearts ...that’s what I would like to think.

ロジャー・パルバース(作家、劇作家、演出家)Roger Pulvers

東京工業大学世界文明センター長。1944年NY生まれ。UCLAおよびハーバード大学大学院で学ぶ。ワルシャワ、パリに留学後、67年に初来日。72年にオーストラリア国立大学に赴任し日本語や日本文学を講義。

82年映画『戦場のメリークリスマス』で助監督をつとめたあと再び来日し演劇活動をおこなう。文化庁長官表彰(文化発信部門 2010年)、第27回テヘラン国際映画祭脚本賞受賞「明日への遺言」、第18回宮沢賢治賞受賞など。主著に『ほんとうの英語がわかる51の処方箋』(新潮選書)『新バイブル・ストリーズ』(集英社)『英語で読み解く賢治の世界』(岩波書店)等多数。

日本とオーストラリアで20本以上の芝居を演出し、清川虹子、岸田今日子、橋爪功、柄本明との仕事。

戻る

PageTop